原学園広陵幼稚園/神戸市北区広陵町2丁目22
お問い合せは;078-581-8037
ホームへ 個人情報保護方針 職員採用情報 サイトマップ
 
コンテンツ
私たちの園について
施設のご案内
保育の内容
預かり保育について
未就園児保育 Amu
課外サッカークラブ
園からのお知らせ
 
学校法人 原学園のサイトへ
レナ幼稚園のページへ
 
課外サッカークラブ  
 
   
カラダを動かすことの楽しさ、チャレンジ精神や協力いあう心・・スポーツを通じて多くのことを吸収してほしいと願っています。


子どもたちの心身の健全な発育発達をめざし、平成5年にサッカークラブを発足しました。
サッカーの正しい基本技術を習得しながら、身体能力や集中力を高めます。
また、チームプレーを通じてフェアプレーの精神、仲間を認め合い大切にする心を培います。
高い指導力を持つヴィッセル神戸所属コーチによる、楽しく活気あふれるサッカークラブです。

●平成30年7月10日の練習です。

ワールドカップ 日本ベスト16進出!!嬉しかったです。

 

年中組はコーチが三角コーンを掃除機にしてボールを  「僕は掃除機がいい。」練習中ですが、コーチに直談判        吸っていますが、なかなか吸うことが出来ません。      しました。   

●平成30年6月19日の練習です。

ワールドカップで日本がコロンビアに2-1で快勝!!おめでとうございます。

幼稚園のサッカークラブは今日から3人の新入会児を迎えました。

 

年中組はもう1度コーチの自己紹介からです。      年長組はゴールシュートの練習です。

●平成30年6月12日の練習です。

年中組 「シュート」をテーマに行いました。強く蹴ること、ドリブルからシュートを打てるように頑張りました。

年長組 相手を観ることから始まり、観た後にどこにドリブルをするのかを判断して決めていくことをテーマに行いました。

 

年中組は小雨が降っていたので、ピロティでの練習です。

 

年長組はコーチから「まだボールを手で止めているお友だちがいるよ!」

 「相手を観てボールをどこに運ぶか考えて!」                     

●平成30年6月5日の練習です。

今日の年中組の練習は、お天気と同じようになんとなくぐずついていましたが、だんだんと活気が出てきました。

今回の目標は年中組・年長組ともに前回と同じです。

 

年中組 初めはボールを持ってコーンを小さく回ります。 試合は常に全員参加で、途中で疲れることはありません。

 

年長組 試合でのボール運びが安定してきました。

●平成30年5月29日の年長組の練習です。

今回の目標

年中組 ドリブル いつも体の近くにボールを置いて、進む事を意識する。

年長組 ターン  様々なターン(足の親指の方・小指の方)をしながら、どのタイミングでターンをするのかを考える。

           そのタイミングでターンが出来るようにいつも近くにボールを置いておく。 

年長組は園長先生から「立ちましょう。と言われたら1度で立つ!」と言われて練習が始まりました。

 

自分のペースでドリブル・ターンの練習が始まり、コーチから「もう少し早くしよう!親指使ってるか?」と声がかかります。

 

試合開始!チーム広陵なでしこが大活躍でした。

●平成30年5月22日から年中組の練習が始まりました。

園長先生から「返事のはい!は短く大きな声で!」と激をとばされ、ピロティに集合しました。

 

水筒をかけて、グランドに向かいます。    左が伊藤コーチ、右が麻生コーチです。

 
                                           今日の目標、 ドリブルの練習中。

 

 

 いよいよ初めての試合です。                    とても初めてとは思えないドリブル!そして試合でした。

サッカーの技術と共にルールやマナーを学びます。
バランス力、反射能力など、様々な力を培います。
  サッカーの技術と共にルールやマナーを学びます。   バランス力、反射神経など、様々な力を培います。
 
活動の内容
 
 名 称  広陵サッカークラブ
 指 導  VISSEL KOBE所属スクールコーチ
 開 催 日  毎週火曜日 年中組(14:10~14:55) 年長組(14:55~15:40)
 場 所  広陵公園グランド(広陵幼稚園北側)
 チーム名  広陵ダンディライオンズ(チームカラー:イエロー)
 広陵ローゼズ(チームカラー:レッド)
 広陵サンフラワーズ(チームカラー:グリーン)
 広陵バイオレッツ(チームカラー:ブルー)
 
  年 長 組 年 中 組
 全 体  練習の始めから終わりまで、仲間と楽しく、集中して行えるようになる。
 感覚調整力  バランス力、反射能力、リズム感、出力調整力、反応など感覚的な調整能力を養う。
 技 術 ボールを蹴る ボールに足を当てる
 戦 術  1対1の攻撃と守備、2対1の攻撃と守備ができるようになる。
 自分とボールと相手と仲間との関係をある程度理解できるようになる。
 試 合  自分たちで試合前の挨拶・握手を行い、ルールに従って試合を進めることができる。
 さらに、試合終了後の挨拶・握手ができる。勝敗が理解できるようになる。
 体 力  45分の練習を集中して行うことができる体力を身につける。
 
内容として、感覚調整力、技術、局面戦術など、それぞれの能力を高める練習方法や、
ルールを覚え全体的な流れをつかむことを目的とした試合形式の練習方法などを組込み、
上記目標に基づいたプログラムをこなしていきます。

 
 
 
 
 
Copyright Koryo Kindergarten 2012 All Right Reserved.